睡眠不足は美の大敵!就寝前のリラックス習慣3選

やわらかな光でリラックス

ベッドに入る2~3時間前から天井の灯りは消し、やわらかい光の間接照明を使用するようにしましょう。眠るギリギリまで強い灯りの下にいると、脳の覚醒状態が続いてしまうため、なかなか眠りに付けないことがあります。また、さらにリラックスムードを高めたい場合は、キャンドルを使用するのもおすすめ。特にアロマキャンドルなら、香りによるリラックス効果も期待できます。なお、携帯電話やスマートフォンの光も、睡眠を阻害する原因のひとつ。夜はできるだけ使用を控え、アナログに過ごしましょう。

ホットドリンクでお腹の中からリラックス

眠る前にホットドリンクを飲むことでお腹がポカポカと温かくなり、ゆったりと落ち着いた気分になることができます。熱々のものを一気に飲むのではなく、人肌よりやや温かい程度のものをゆっくりと飲むようにしましょう。健康志向の人に人気の白湯はもちろん、ホットミルクもおすすめ。甘い物が欲しい時には、少量のハチミツや生姜汁を加えると美味しくなります。

ツボマッサージでリラックス

足の裏には身体の各器官や臓器に対応する反射区というものがあり、その部分をマッサージなどで刺激することにより、不調の改善が望めると考えられています。不眠に効果があるとされているのは、足裏のかかとのちょうど真ん中にある「失眠」と呼ばれるツボ。その名の通り、「眠りを失った時」に役立ちます。また、足の浮腫みや疲れにも効果があると言われているため、長時間の立ち仕事の後にもおすすめです。とは言え、特にツボにこだわることなく、足裏からふくらはぎにかけて優しくマッサージするだけでもリラックス効果は抜群。2~3分あればできるため、毎日気軽に続けられます。

品川美容外科の訴訟について調べる